早めに治療する

病室

性病検査はコチラで販売されている検査キットを使えば、ご自宅で簡単にすることができますよ。気になる方はぜひ購入してください。

メニエール病とは、めまいと吐き気の発作が繰り返し起こる病気です。耳鳴りや嘔吐、冷汗、頻脈を伴うこともあります。めまいは何のきっかけも無く、突然起こり、ぐるぐる回る回転性であることが特徴です。めまいは数分でおさまることもあれば、何時間も続くこともあります。 フランス人医師のメニエールが、このめまいは内耳により引き起こされると提唱したためこの名前がつきました。 メニエール病は30代〜50代の女性に多くみられます。 メニエール病の診断は、同様の症状を呈する病気を除外することにより行われます。 発作を繰り返すと耳鳴りが残ったり、難聴が進んだりすることがあるため、早期診断と早期治療が望まれます。現在ではめまい外来を行っている耳鼻科もあります。専門医の診察を受け、早く治療を始めることが治癒への第一歩です。

メニエール病の治療は、基本的には薬物治療です。 急性期には、めまいや吐き気、動悸などの自律神経症状を抑える薬が処方されます。また、症状と同時におこる不安感を和らげるために抗ヒスタミン剤や安定剤が使用されることもあります。 慢性期の治療に用いられる薬は利尿剤です。余分な水分を体外に排出して、内リンパ水腫を軽減する目的で処方されます。また、内耳神経を活性化するため、ビタミン剤や血行促進剤が使用されることもあります。 薬を飲んでも発作がおさまらず、日常生活に支障が出る場合や、難聴の度合いが段々悪化していくような場合には、手術が必要になることもあります。内リンパ水腫を起こしている嚢に穴を開け、中の水を出す手術や、聴覚神経を傷つけずに平衡感覚を司る前庭神経を切断する手術があります。

メニエール病の症状

注射

メニエール病とは、耳に症状が現れる病気です。今現在原因が不明になっている病気です。さまざまな症状が現れるので、その症状を知ることが大切になります。どのような症状なのか知りましょう。

Read more

内科の現状

点滴

病気にかかった時に初めに利用するのは内科です。内科で診療を受けることによって、どのような病気にかかっているのか知ることが出来るのです。しかし現在では、内科医が不足している現場にあります。

Read more

細胞の培養

看護師と女性患者

プライマリーせると呼ばれている細胞が存在します。プライマリーセルは美容の分野で高く利用されており高いアンチエイジング効果を得ることができるのです。どのような商品があるのか知りましょう。

Read more

更年期障害の症状

薬

齢を取ると発症してしまう病気が存在します。それは更年期障害と呼ばれる病気です。頭痛や気怠さといった様々な症状が現れます。我慢せずに病院で治療を受けることや薬を処方してもらいましょう。

Read more

性病検査を受ける

看護師と男性患者

性病は自覚症状のないものがほとんどです。自身で気づきにくいことから検査を受けることが大切です。病院や市区町村で検査を開催しているので、まだ受けた事がない人は受けてみることが大切です。

Read more